カテゴリ:
※下記はメルマガ「つれづれ亜州観望記」の原稿を再編集したものとなります。こちらはサンプル原稿なので、メルマガ運営元である株式会社フーミーの鈴木創介さんの質問を取り上げました。

――――――
 

<1>
Q.以前、安田さんのブログの読者でした(編集部注.中国のネット掲示板の書き込みを2chまとめサイト風に翻訳したブログ『大陸浪人のススメ』のこと)。面白かったんですが、またやらないんでしょうか? (男性33歳 会社経営者)

A.ありがとうございます。もちろん時間や労力の問題もあるのですが、それ以上に「やりたいけれど、もうやれない」が正しい答えになります。

中国でネット掲示板が熱かったのは、せいぜい2010年ごろまでのことでした(これは日本で『2ちゃんねる』が尖ったプラットフォームでいた時代とほぼ軌を一にします)。

当時はSNSが未発達で、本来は身近な相手と話すような生活の話題や身近な社会問題、政治への不平不満などがネット掲示板上に数多く書き込まれました。そして、お互い顔も知らない「名無し」に近い人たちがそれを議論し合っていたのです。当時、彼らの会話を「聞き耳頭巾」をかぶるがよろしく覗き込んでみせたことが、『大陸浪人のススメ』に限らず、中国ネット掲示板翻訳系のブログの最大の面白さだったと言っていいでしょう。

しかし、その後の日本でネットの流行がツイッターやLINEに移行したのと同様に、中国でも流行はネット掲示板から微博(ツイッターに似たサービス)、さらに微信(LINEに似たサービス)へと変わっていきます。つまり、書き込みの内容が「名無し」相手の公開発言から、フォロワーや一定範囲の知人向けの言葉に変化していきました。

これらは本質的にはクローズドなコミュニケーションなので、いざ翻訳した場合、従来のネット掲示板と比べて翻訳や編集の手間がかかるわりに、話が内輪向けで外部者には面白くない傾向があります(特にネット掲示板特有の、名無し同士による「吹いたレス」の応酬や、掲示板民に独特の連帯感は姿を消しています)。また、微博はネット掲示板と比べてレスの付きが悪く、まとまった分量を訳せないという問題も出てきます。

ほか、特に2012年ごろを境に、中国政府のネット言論統制が従来以上に強化され、「デマ(=当局に不都合な情報)」を流布した者が容赦なく摘発されるようになりました。当然、こちらも中国のネットの書き込みが大幅につまらなくなった原因となっています。

現在の翻訳ブログは、中国のネット掲示板プラットフォームの衰退という流行的要因と、ネット言論それ自体の衰退という政治的要因から、往年ほど面白い内容は絶対に作れません。「運営」するだけならば今でも可能なはずですが、継続的におこなうと魂なきリビングデッドのようなコンテンツになってしまいます。これが、「やりたいけれど、もうやれない」本当の理由です。

(でも、たまにこのブログ上で不定期でやることはあるかもしれません。やっぱり「聞き耳頭巾」は面白いもの)







――――――

質問はブログ左の「Contact me」からどうぞ。
(メルマガ掲載から一定時間が経ってからブログにも掲載しますので、購読者以外の方からも歓迎します)