カテゴリ:
昨年2月、私はWIREDの仕事でイスラエルに出張したのだが、それを契機に中国のユダヤ人に興味がわいて調べてみたところ、こんな記事を見つけた。

kfjewish
↑画像クリックで『THE TIMES OF ISRAEL』の元記事へ
 
記事によれば昨年2月29日、エルサレムへ念願のアリヤー(イスラエルの地への移住)を果たした5人の中国系ユダヤ人の女性が、嘆きの壁で祈りを捧げたそうである。彼女らはいずれもイスラエルの最高ラビ法廷が設けた改宗試験に合格しており、ほどなくイスラエル国籍を取得できる見込みなのだという。

さらに調べてみると、類似の中国系ユダヤ人のイスラエル移住の記事は複数が見つかる。中国系ユダヤ人がイスラエル国防軍に入隊しましたという、なんだかわけがわからんが凄そうな話もある。

 开封犹太人庆祝逾越节 (『THE TIMES OF ISRAEL』中文版)

 开封犹太人加入以色列国防军 (『THE TIMES OF ISRAEL』中文版)


そもそも、中国には前近代に複数のユダヤ人コミュニティが存在したとされ、なかでも河南省開封のものが有名だ(開封のユダヤ人)。ただ、このコミュニティは明代には大きく衰退し、19世紀までには数百人規模に減少。清代の社会風俗を記した稗史『清稗類鈔』「宗教類」によると、彼らは「青回回教」と呼ばれており、周囲からはイスラームの一種であるかのように思われていたようだ。

もっとも、当事者たちはこの「青回回教」がイスラームだとは考えておらず、『清稗類鈔』には趙姓・金姓・艾姓など六姓七家の族人200人程度が独自の信仰を保持し、通婚も同胞の家族同士でおこなっているとする現地住民の証言が紹介されている。生活習慣や食習慣はほぼ漢人と変わらなくなっているが、彫りが深くて西方風の顔立ちの人が多いのだともいう。

ただし、彼らのコミュニティはこの時点ですでに崩壊寸前であった。やがて清末民国期になると、黄河の大洪水や社会混乱によってシナゴーグ(ユダヤ教の礼拝施設)も跡形もなくなってしまい、人々の外見もほぼ漢人と変わらなくなる(こちら参照)。

やがて中華人民共和国の成立後、開封のユダヤ人は政府の民族識別工作のなかで少数民族として認めてもらえず、漢族か回族として民族登記をおこなうこととなる。その後、社会主義化と文化大革命が最後のダメ押しとなって、開封のユダヤ人はほぼ消滅状態に陥ったとされる。


◆◆

では、上記の記事でアリヤーをおこなった中国系の「ユダヤ人」たちは何者なのだろうか?

答えを言うと、彼らや彼女らは近年になって、エルサレムに本拠を置く民間団体、シャベイ・イスラエル(以下、シャベイ)によって、事実上人工的に再復活させられた人々である。このシャベイは、全世界から「ユダヤ人の子孫」を探し出してユダヤ教やヘブライ語の「再教育」を施し、イスラエルへの移民を推進しているシオニストの財団組織だ。米国系ユダヤ人のマイケル・フロイント氏が創設者かつ代表者である。

シャベイは、以前はインド北東部にいるブネイ・メナシェという人たちのイスラエル移住支援をおこなっていた(で、ブネイ・メナシェたちはヨルダン川西岸やガザにガンガン入植していた)が、例によっていろんな問題が噴出して彼らへの支援は困難になる。

そこでシャベイは2005年から、すでに伝説上の民族に近い存在と化していた「開封のユダヤ人」にミッションのターゲットを変更したらしい。同年、シャベイ代表のフロイント氏は開封を訪問。現地に数百冊の宗教書を送り、集めた住民を前に「ユダヤ人の約束の地」を目指すことの意義を熱弁した結果、現代中国に「開封のユダヤ人」のアイデンティティを復活させることに成功した。

その後、2005年から現在までの11年間に、シャベイの働きかけによってユダヤ教に改宗した100人ほどの開封出身者が、「ユダヤ人」としてイスラエルに移民したと見られている。また、開封郊外には民営のシナゴーグが復活し、モーセの出エジプトを祝うペサハ(すぎこし祭)がおこなわれ、ユダヤ教の学習に精を出す「中国系ユダヤ人」が再び現れるようになった。

dangdizhengfu


もっとも、昨年5月ごろから衝撃的なニュースが報じられはじめている。

Is China cracking down on Jewish community in Kaifeng?  (ユダヤ系米国紙『Forward』)

中國河南開封的猶太教社群,近來遭到當局打壓 (『ラジオ・フリー・アジア』中文版)

前出記事とはやや時期が前後するが、どうやら習近平政権の成立後の2014年ごろから、開封のユダヤ人コミュニティは当局による圧迫を受けているという。中国当局はシャベイの指導下にあるユダヤ教学習センターを閉鎖し、国外のユダヤ人グループによる開封訪問も禁止しはじめているとのこと。現地のユダヤ人コミュニティの成員が当局による監視や尋問を受ける例もあるようだ。

ただ、中華人民共和国においてこうした事態が発生するのは、よく考えれば「当たり前」の話でもある。

なぜなら、21世紀にイスラエルのシオニストが人為的に復活させた「開封のユダヤ人」は、中国共産党が人為的にカテゴリー分けして設定している国内55の少数民族には含まれていない。加えて、中国におけるユダヤ教もまた、仏教やイスラームのように党の管理監督下に組み込まれた全国団体を有していないので、党による支配は事実上及んでいない。

中国国内における「開封のユダヤ人」とは、非公認民族かつ非公認宗教の信者という、当局の原理原則に照らして考えるならば実にヤバい存在ということになる。

現代中国において最も政治的に敏感なポイントである民族問題と宗教問題に抵触し、加えて(当事者的には体制に敵対する気はないはずだが)イスラエルのシャベイという「国外勢力」による露骨な働きかけが明確におこなわれているともなれば、なにかにつけイデオロギッシュな習近平政権のもとで彼らが何事もなくいられるはずはない。

21世紀になってからシオニストの手で人工的に民族のアイデンティティを持たされてしまい、そのわずか10年後にさっそく習近平の手で「迫害の民」にされてしまった開封のユダヤ人(実質的にはユダヤ教に改宗した普通の漢人)というのは、なんとも現代世界情勢の悲喜劇を象徴する存在だというよりほかはなさそうだ。

ちなみに、中国当局による開封のユダヤ人迫害の件は、米国のニューヨークタイムズも報じており、在米ユダヤ人社会を中心にひそやかに問題視する動きが広がっている模様である。

めちゃくちゃ地味なニュースながら、個人的に今後の推移が非常に気になっている話だ。

P2030582
↑エルサレム旧市街の高台から眺めた嘆きの壁と岩のドーム。2016年2月安田撮影。


――――――

 上記は『東亜』2016年5月号の寄稿記事および、メルマガの記事の一部を再編集したものです。