カテゴリ:
中国にはまったく関係がないが、どうしても語りたいのでサガスカーレットグレイスの頭のおかしさについて語ろうと思う。

IMG_-iq486i
↑vitaの画面を筆者撮影

 
・街もダンジョンもマップが用意されていない。戦闘アイテムも武器屋も宿屋も存在しない。なのにイベントが公称数千個もあるらしいのだが、しかしその大部分はガン無視してもクリアできる。だが、そもそもクリアが目的のゲームと言っていいのかすらよくわからない

 ・仲間候補が70人ぐらいいるっぽい。しかも進め方次第では、どう考えてもモブとしか思えない村のネエちゃんとか適当に拾ったハゲのヤクザとかが、事前に公式ホームページで小林智美さんの画像まで公開されていたキャラ立ちしたイケメンより余裕で強かったりするから困る。

parumu
↑イケメン。うちのパーティーではどっかの村のネエちゃんより弱い。(公式HPよりスクショ引用
 
・バトルは敵の行動内容と行動順がすべて事前に公開されている。ただし、こちらはそれを把握したうえでカウンター技や妨害技を仕掛け、HPが900台に乗ってからすらもマヒや毒や防御力ダウンを駆使したり、敵の種族別の弱点を的確に突いて攻撃しないと死ぬ。というかそれをやってもたまに死ぬ。いわんやボタンポチポチ連打して攻撃するだけなら99%死ぬ。ともすれば毎戦どころか毎ターンごとに数分間の熟考を経てバトルに臨む
 
・バトル中の回復と蘇生の手段は、1~数ターンの消費が必要な術を除けばほとんど存在しないのに、敵のゾンビのアッパースイングで平気で体力の3分の1くらい削られる。スクエニ公式のQ&Aに「よくやられるゲームですが仕方ないです」みたいなことが書いてある。
 
・TIPSというゲーム内取扱説明書的なテキストが2万字ぐらいある(ただし、ロード時に各条ごとに出るので確認はそれほど苦痛ではない)。これにいちおうは目を通しておかないと死ぬ。でも目を通しても死ぬときは死ぬ

全滅時の音楽が無駄にハートウォーミング。あまりに聞く機会が多いので、陰惨な曲調でプレイヤーの気分を憂鬱にさせないための配慮なのかなんなのか。
 
・メッセージが書き逃げダイナミックに大雑把。ひとつの街あたり1人しか会話してくれる人がいないのに、そいつのセリフが「うそ臭い噂が聞きたいなー」だけだったりする。しかもそいつの顔が、自分のプレイでは味方のエースになっているヤクザとデザイン使いまわしである。

photo_editor_1482886972215 IMG_-d6osxy
↑どうでもいいセリフをのたまう街の人と、わが軍を支えるヤクザ。vitaの画面を筆者撮影。
 
・ほか「(情報はないけど)すごくなにかありそうな場所」という名称の場所だの、ある地点を進む際の選択肢が「ぶっ倒す」と「踏み倒す」しかないだの、いろいろぶっ飛んでいる。

・でも面白い。どう表現していいかはわからないけれど面白い。
 
・アマゾンで初期に☆5のレビュー付けてたやつらが、ゲームの形容しがたい面白さを語ろうとして勢いが数周回ってしまい、「開発陣に栄光あれ!」とか「河津さん(※制作者)ありがとう!」とか「これは芸術だ!」とか意味不明なコメントを発するに至っている。ツイッター見たら面白さに感極まって泣いてるやつもいる。
 
・だが、私自身も彼らと同意見である。
 
・他のアマゾンのレビューも、みんな口をそろえて「万人にはおすすめできないが」「実際にやってみないと伝わらないのだが」と書いており、なのに☆5を付ける。
 
・やはり私も同意見である。
 
7000円のサガをやるためだけに2万円出してPSvitaを買ったとか言ってるヤバいやつらも多数。
 
・だが、私も同様の行動をとっている。しかも2014年に制作が発表された時点でvitaを買ったら、それから2年間も発売されず長らく宝の持ち腐れであった。
 
・制作発表当時(2014年12月)にテンションが上がりすぎて、週プレの編集部に頼み込んで制作者の河津さんのところに押しかけて自分がインタビューした内容をいま読み返してみたら、そこで語っておられたまんまの要素がゲームに反映されていてぐっとくるものがある。

・余談ながら、中2の冬にVジャンプのロマサガ3特集の記事を読んで以来あこがれていた人にインタビューできる仕事ができて、ああ俺生きててよかったなあとかいろいろ考えたら、質問の第一声が思わず涙声になってしまい河津さんがコンフュを食らった顔になっていた(※当たり前だ)のだが、なんかそんなことも思い出してぐっとくるものがある。

saga
↑安田峰俊「『SaGa』発売25周年で創造神・河津秋敏が明かす制作秘話」(週刊プレイボーイ)
 

とにかく頭がおかしい素晴らしいゲームなので、みんなvitaごと買ってやってみやがれと思います。

 
サガ スカーレット グレイス - PS Vita
スクウェア・エニックス
2016-12-15








ちなみに私は1995年に発売されたロマンシングサガ3をいまでもたまにプレイしていて、仕事場にスーファミのROMが2個置いてあります。