カテゴリ

カテゴリ:告知

意識の低い中国

カテゴリ:








最近のお仕事はこんな感じです。
暗黒QR探しと三和ゴッド探しで行った広東省、楽しかったなあ。


C49A581F-553C-4DA0-AA7F-1CF4A37EA55B

昨今の仕事

カテゴリ:
SAPIO8月号の雄安新区レポ。


文春オンラインで香港返還20週年。


上記に関連して、クーリエ・ジャポンに劉暁波死去関連で急ぎの寄稿と、『FRIDAY』(講談社)にコメント。


20170722_001838


ほか、クーリエの通常連載は劉邦の故郷の話。


JBプレスのほうではこんなの↓書いたら結構バズりました。


ほかに7月15日にTBSラジオ。


こちらで聞けます。


最近の仕事はこんな感じです。


近日寄稿と韓国本出版のお知らせ

カテゴリ:
近頃はこんなのを。

img_cd27f416c34785c1c07dc34410652d96328954


中国人金持ちマダムのド迫力日本旅行・密着日記 (文春オンライン)
 
こちらは日本滞在中に取材対象者たちが使った金額がすごいという話ではなく、中国人個人旅行客にべったりくっついて、インバウンドの当事者の目からわが東京を眺めるとこんなふうに見えて、こんな部分が面白かったんですよという話であった。

ほか、取材を通じて感じたのは

・「桜が見たい」だけで衝動的にチケット押さえて日本に来る
・消費の多くは代理購入ではなく衝動買い
・服なり化粧品なり、気に入ったらまるごと全品買いする
・記事に登場する本人はこの手の旅行を1~数ヶ月に1度のペースでガンガンやっている

と、今回の彼女らの訪日旅行の背景に横たわるテクスト全体のリッチ感というか、刹那的なバブリー感がなかなか見ものだったと思う。


ーーー

weixin
wechat payment公式ページより)

外国人は我慢しろと?「鎖国」が進む中国社会 (JBプレス)

4月下旬にある雑誌の取材で北京・河北省方面に出張した際に、むかついて書いた原稿。ほんとに腹が立つわけですよ。しかも、記事中の状況はここ数年で一気に数レベル上がって進行した感がある。

昨年、中国国内を逃亡し続けた民主活動家の手記『暗黒・中国からの脱出』(文春新書)を刊行したのだが、著者の顔伯鈞の逃亡を可能ならしめたのは、巨大な中国社会の末端における管理のユルさだった。

だが、生活上の極めて高い利便性と引き換えにした人民のデジタル管理が進んでいくことで、従来のユルさは消えつつある。仮に顔伯鈞の逃亡がいまから数年後に発生していたとすれば、彼は逃げ切れなかったかもしれない。

ーーー

韓国大統領戦前夜の5月9日刊行で、以下のような本が出る。



本書はいちおうAmazonのデータ上では私も著者になっているのだが、実際は現代韓国政治学者の浅羽祐樹さんと木村幹さんの対談本だ。私は司会進行と、原稿の編集・整理を担当している。

朴槿恵の失脚を導いた韓国社会の内在論理、例の少女像設置問題に象徴される慰安婦問題の解決策、次期大統領就任の可能性が高い文在寅の政策の方向性、北朝鮮との関わり……といったナウな話がぎっしり詰まっていて(おかげで3月は原稿をまとめながら知恵熱が出たのだけれど)とても値打ちモノの一冊となっています。

どうぞ、お買上げを。


「日台の絆」映画仕掛け人のウソと、それを知りつつ止められなかった悲喜劇

カテゴリ:
かねてから台湾ファンやアジア映画ファンの間では話題になっていた、『湾生回家』(2015年、台湾)というドキュメンタリー映画がある。

湾生とは日本統治時代に台湾で生まれ育った日本人のことだ。彼らは終戦を機に日本本土へ引き揚げを余儀なくされ、懐かしい故郷である台湾は「異国」に変わる。そんな故郷への喪失感を抱えつつ後世を生きることになった。

湾生は約20万人にのぼったとされるが、戦後の複雑な日台関係史や、満洲などからの引揚者と比して台湾引き揚げ者は相対的に環境が恵まれていた(これは逆に、悲惨すぎる満洲引揚者に配慮して台湾引き揚げ者たちが声を上げづらい要因となった)ことなどから、彼らの存在感は従来は希薄だった。戦後史のなかで日本でも台湾でも忘れられた存在となっていたと言っていい。

この、現在は高齢となった湾生の老人たちに取材してその声を丹念に拾い、彼らの台湾への帰郷の様子を伝えたドキュメンタリー映画が『湾生回家』だ。台湾での公開時には公称16万人を動員する、このジャンルの映画としては異例の大ヒットとなった。

wansei1

ところがこの『湾生回家』、作品のエグゼクティヴプロデューサーを名乗って日台両国での関連イベントにしばしば出席し、同名の著書(内容は映画と異なる)を刊行してベストセラー作家になっていた仕掛け人の自称「田中実加」氏の経歴詐称や絵画の盗作が発覚。年末年始にかけて台湾国内で大炎上状態となった。

『湾生回家』は昨年12月、台北代表処(事実上の台湾大使館)と日華懇によって衆議院第一議員会館で親台派議員の重鎮たちの前で上映されるなど、台湾政府の対日友好外交に活用されたほどの作品だ。

また「湾生の孫」を自称した田中実加氏が日本国内で登壇した映画関連イベントは台北代表処の台湾文化センターが、同じく彼女が台湾国内で開いた湾生の帰還イベントは当時の交流協会(事実上の駐台日本大使館)が、運営や告知などに協力をおこなっていたことも確認されている。

このかなりデカい事件の全体像とその関連事情について、日本ではなぜか関連報道が不思議なほど少ないので、関係者に取材して講談社の『COURRiER Japon』のに寄稿したのが以下の記事だ(当分は同誌のWEB会員以外も全文を読めるのでお早いうちに)

dada
経歴詐称で国際的炎上中! 「日台の絆」映画の仕掛け人、自称・田中さんが巻き起こした大騒動

◆◆


ちなみに映画『湾生回家』それ自体はまともなドキュメンタリーであり、仕掛け人の経歴詐称と映画それ自体は切り分けて考えるべきだという意見が関係者以外からも出ていて、私も同様の考えである。なにより、戦後史に翻弄された湾生たちが日台両国の歴史の裏に大勢いたことは事実、映画とそれにともなう台湾国内の湾生ブームが、湾生たちに戦後70年ぶりに光を当てたことも事実なので、この企画自体は意義深いものであったはずだ。

また、こういう記事を書いておいてなんなのだが、取材過程で日本側の配給会社(単館・ミニシアター系の国内外の映画配給を多く手がけている)はかなり先方に不都合であろう問い合わせに対しても責任感を示して答えており、この手の不祥事に対応する際の企業の姿勢としては、むしろ取材前よりも強い信頼性を覚えさせるものだったことも付記しておきたい。

(大手の会社ではなかなかやらない、いいアジア映画の配給をやっている会社だ)


ただ、日本人の湾生を主題としていて、日本人や日本語ができる台湾人が制作にかかわり、現在も日本国内で公開中で、しかも日本の国会議員が大勢で作品を鑑賞し、日台両国の大使館級組織が経歴詐称者のイベントに協力していた映画の仕掛け人が日本人を自称する経歴詐称をやって炎上した話が、なぜかレコードチャイナなどの翻訳報道と産経新聞の短い記事1本以外は、わが国でほとんど報じられていないという不思議な事態が起こっていた。

これはやはり詳しい事情を記録しておかなくてはならぬと考えて、上記の記事を書かせてもらった次第である。


 

自己紹介と、このブログ

カテゴリ:
こんにちは。安田峰俊と申します。

軽く自己紹介をしておきますと、だいたい中華圏の話題が専門のルポライターです。
著書も何冊か出てますが、実は雑誌の仕事で書籍収録されない海外ルポ記事とかも結構書いてます。
あと、多摩大学経営情報学部で非常勤講師もやっています。

むかし、2008年ごろから「迷路人」のHNで中国のネット掲示板を2ch調に翻訳する『大陸浪人のススメ』というブログをやっていて、あれはあれで面白かったわけですが、2012年ごろに閉鎖。

tairiku
(↑往年のブログ)


理由は更新が面倒になったとか、コメント欄が荒れるのがえらいうっとうしいとか、ブログの方向性が固まりすぎてネット掲示板翻訳以外の真面目な記事を書きづらかったとか、プラットフォームにしていたg●oブログがガラパゴスすぎてもうやだ限界とかいろいろあったわけですが、実は最大の理由は「中国のネットがあんまりおもしろくなくなったから」です。
(またその事情を書くこともあるでしょう)。

その後、大体のことはツイッターでも書けてしまうし、もうブログなんぞは無理してやらんでええわいと考えて数年過ごしておりました。

しかしながら、2016年11月から半年限定でfoomiiのメルマガがはじまって過去記事の転載をする場が必要になったり、たまには中国のネットの翻訳を不定期でやったりするのも面白いかなあなどと考えたりで、いまになって地味に別のブログをこっそり立ち上げてみることにしました。

ほか、自分の仕事がらみのことですと、実は雑誌記事なんかで原稿を書いた後で書籍に収録していない話題が手元に溜まりまくっていたりもするわけです。

習近平が文革時代に下放された村の突撃ルポとか、山手線の内側くらいの面積が丸ごと「鬼城」になった内モンゴルのゴーストタウン探訪記とか、南京に新しくできた慰安婦記念館参観記の小ネタとか、非常にいろいろ楽しい話があり、今後もそういう話は時間の経過とともに増えていくわけです。

P5111243
(↑陝西省梁家河村。偉大なる習主席をたたえるテーマパークと化しています)

IMG_2221
(↑内蒙古自治区オルドス市。うしろのマンション、全部無人)

PC290283
(↑南京、大戦中の慰安所を「歴史戦」のため博物館に変えてリニューアル)


あと、取材のついでに西安の兵馬俑とか内モンゴルにある元の上都遺跡とか、武漢の博物館にある越王勾践の剣とかエルサレムの嘆きの壁とか、プノンペンのクメールルージュの収容所(S21)とかあれこれ見る機会があって、やはりちょっと書いておきたい話はたくさんあるわけです。

……というわけで、更新がんばらない時間使わない商売やりすぎないの三原則を基本に、ぬるく進めていければと考えています。


 

このページのトップヘ

見出し画像
×